Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

タイ・バンコクの出会い喫茶 テーメー(テルメ)カフェに突入!日本語だけの初心者でも分かる利用方法と体験談[口コミ・レポート]

オススメ風俗

タイのバンコクといえば風俗産業が盛んで日本に比べると破格の値段で女のコとエッチができることはご存じの方が多いだろう。

バンコクといえば、タイの中心地だけあって様々な風俗店がある。

そのひとつに出会い喫茶とも言われるテーメーカフェ(THERMAE CAFE)へ初めて行ってきたので、今回レポートさせていただこうと思う。

初めてでも安心 タイ・バンコクの出会い喫茶 テーメーカフェ 利用方法

そもそもテーメーカフェとは何だろう?という方にわかりやすく説明させていただくなら、アルコールありの出会い喫茶と思っていただければ間違いではない。

レポーター
レポーター

ぼったくられそうで、なんか怖いんだけど…

と不安に思われる方、安心してほしい。

筆者みたいな、英語も満足にしゃべれない、さえないハゲデブのおっさんでもイケたから大丈夫だ。

さらに日本人や韓国人などスケベな男があふれるほどいるから安心して行ってくれ!

女の子達もオッパイが当たるぐらいごった返しているので、気にせず入ろう。

ただしベッドの上での責任は取れないから注意だ。

スリなど用心のために必要最低限以外の貴重品は持って行かない方が良い。

ちゃんとしたホテルのセキュリティーボックスなどに預けておいたほうが良いだろう。

テーメーカフェの場所

場所はアソーク駅とテーメー駅の中間に位置する。

現場だと、パッと見てどこにあるのかはすぐに分かりにくいが、通りに面した地下への階段があるので降りて入ろう。

テーメーカフェの詳細・システム

場所代として注文したけど仲間は何も注文してなかったので、必須ではないのかもしれない。

ただビール瓶、1本110バーツ(約350円)だから無用なトラブルを避けたいなら普通に注文したほうが無難だろう。

テーメーカフェにはざっと100人ちかくの女の子たちがたむろしており、タイをはじめ様々な人種がいる。

欧米系や黒人は筆者が訪れた時はほぼいなかったので、そちらを求めるのであればタチンボのほうが良いだろう。

約25m四方の地下室が先述したように人混みにあふれているが、5分もあればクルッと一周できるのでジックリと好みの子を選ぶことが可能。

可愛い子や良いと思った子はあっという間にとられて行くという、はやい者勝ちの世界なので決める時はすばやく決めよう。

テーメーカフェの相場

入場料として飲み物を注文するので大体110バーツ。

女の子の値段は大体2000~3000バーツ(約6,000~10,000円)。

財布に5,000バーツほどあれば大体大丈夫だが、ホテル料金やボーイへのチップ、ホテルが混雑していたら別ホテルへのタクシーなども掛かるため、ギリギリの手持ちだったら素直にエロマッサージへいくか、諦めた方が無難。

交渉でプレイ代を安くできるけど、プロ風俗人である筆者の直感では、あんまりセコく値切るとプレイにも影響すると思われるので、女の子の希望値段に近い価格でプレイするのがオススメ。

タイに来てまで女の子に塩対応されるぐらいなら、少々高くてもチップと思って割りきって楽しんだほうが良いぞ!

交渉成立後の流れ

お目当ての子と交渉が成立したらホテルへ移動しよう。

もし女の子がプレイ場所はどこにする?と聞いて来たら、テーメーカフェすぐ上のホテル、ルアムチットプラザ・ホテル(Ruamchitt Plaza Hotel)を指定しても良いし、自分のホテルに連れ帰っても良い。

ただしホテルによっては連れ込みをお断りされる場合もあるので注意しよう。

実際、筆者もたらい回しされた。

バンコク・テーメーカフェ体験談(口コミ・レポート)

筆者が指名したのはボディラインを強調した白いセーターを着ており、見た目はおっとり目の巨乳で、腰まで届く長い髪の女の子。

少し中国の血が混じっているのだろうか、名前はマオと言った。

テーメーカフェ上のルアムチットプラザ・ホテルに入ろうとするも満室で、近隣のホテルもあたるが、満員なのかお断りの連続で近場のホテルは全滅してしまったのでタクシーで別ホテルへ移動。

タクシー手配や金額交渉も彼女が対応してくれたが、タクシー代は自腹なので注意。

泊まっているホテルに連れ帰っても良かったのだが、シャワーをあびている間にパスポートとか取られたら怖いので遠慮する。

タクシーで5分ほど移動しているとたどたどしい英語で

風俗嬢
風俗嬢

ココ危ナイ、スリ多イ、気ヲツケテ

と注意してくれる。

聞けば以前、ハンドバッグをぶら下げていたらスクーターで後ろからひったくられたそうで、化粧品やスマホなど全部失ったそうだ。

言われてみれば、周りはスラム街といった様相で、夜中1人では歩きたくない雰囲気満々だった。

マンマンちゃうぞ。

皆も気をつけてほしい。

さて、無事ホテルへたどり着き、ボーイに部屋代と飲み物を注文。

休憩代350バーツと女の子と自分の飲み代で60パーツ。

さらにボーイへのチップで20バーツ払ったので合計430バーツ。

日本円にすれば、トータルで約1,500円ほどあろうか。

泊まったホテルには2階もあり、1階よりさらに広く料金も倍になるそうなので、郊外のホテルを利用する人は注意しよう。

ボーイがいなくなった途端、おとなしめと思っていたマオが急に陽気になったので、お互い軽くダンスを踊りながらお互い裸になり、バスタブで洗ってもらう。

筆者は英語が下手くそなのでジェスチャーでキャッキャッと意思疎通を図っていたのだが、ふいに背中に刺青がチラッと見えてしまい、一瞬で感情をシャットタウンしてしまった。

ただ本人は気にしているのか、背中を見せまいと長い髪で隠したり立ち位置を気にしていたので、筆者は悪いことをしたなーと思い、触れないでおいた。

ノリノリでムスコを洗ってくるマオのオッパイが筆者に当たるたびにムスコが少しずつ直立。

洗い終わったあとベッドに横たわといきなり飛びかかって軽くムスコにキスと舐め上げるようなフェラ。

ニコニコ笑いながらオッパイを押し付けてくるのでますます大きくなるムスコに

風俗嬢
風俗嬢

大ッキーイ!

と喜んでくれる。

人並みサイズ(と信じたい)息子を持つ筆者としては、お世辞とはいえ嬉しくなるのは至極当然だろう、感涙。

軽くキスのあと、騎乗位でゆっくりと生で挿入してくる。

これには、さすがに筆者もビビる。

普通はゴムをつけて挿入すると思ってたばかりの行動に、思わず慌てる筆者に反して生の気持ちよさが優先してさらに大きくなるムスコの暴走をおしとどめ、ゴム付けてほしいと頼むが嫌がられるので、なんとか攻守交代。

正常位でも足を絡めて腰を動かしてくるので、ミコスリ半の異名を持つ筆者はアッという間に果てそうになった。

ヒロポム
ヒロポム

このまま果てるのはもったいない!

とケチな考えが浮かんでふん張り、なんとか場をしのごうともがいて再度ゴムを付けてほしいと依頼。

シブシブとゴムをつけてくれ、やっと冷静になった筆者はそのままつづけて正常位でフィニッシュ。

さすがに気持ち良すぎたのか、フィニッシュしたあとでもムスコが直立していた。

もう一回行きたかったけど、キンタマのストックが空になったので終了。

ホテルを出た後はマオがタクシーを拾い、ここでもボラれないよう、筆者のホテルまで送ってくれるよう交渉しくれた。

良い子である。

途中テーメーカフェの通りに出たので、彼女は店に戻るべく名残惜しくお別れ。

筆者は余韻深いままホテルに戻ったのだが、ふと気づく。

仲間がまだホテルに戻ってないため、部屋の鍵を開けられなかったことに。

ホテルの外で30分以上待つハメになったとさ。

ヒロポム
ヒロポム

海外の風俗はサービスが悪いと思っていたのだが、案外日本より質が高い!

ただし生とかには気をつけてくれ!

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント