Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

兵庫・三宮のM性感デリヘル「M・ing」で女の子のように喘いでしまった!凄まじいMプレイ [口コミ・レポート]

ジャンル

筆者の知り合いでM性感に目覚めた男がいる。

この男のレポートも今後追々書いていくとするが、なにより世界観が変わったと嬉々として語るその目は快楽を追求する目つきだったのが印象深い。

だが、筆者は女性から責められるというスタイルは好みではない。

会話で弄られることはあるのだが、ベッドの上ではこちらが弄りたいのだ。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”kanrinin.jpg” name=”ヒロポム”]ほれほれ!ここがエエんか、ここがエエんか![/speech_bubble]

と、一昔前の劇画に出てきそうなワルオヤジみたいなスケベをするタイプだといえば想像つきやついではないだろうか?

おっと、そこの読者、ドン引きするなよ。

もうすでにこのブログを見ている時点で、ロケットジュースワールドに入り込んでいるのだから。

三宮のM性感店舗 M・ing

店舗名 M・ing
お店のホームページホームページ
価格価格一覧
ジャンル
営業時間
アクセス 三宮駅
住所 神戸市中央区中山手通1-17-15 中山手センタービル3階
問い合わせ先 078-331-1072
店舗イベント情報M・ingのイベント情報
クーポン情報M・ingのクーポン情報
プレイ時間 50
料金 14000
満足度 ★★★★☆
在籍キャスト平均年齢 30代
在籍キャスト数 約10人
キャスト一覧/出勤表M・ingキャスト出勤表/一覧
クレカ可否不明
店舗詳細
競争率の高い神戸の風俗街で10年以上経営しているという老舗M性感店舗。

前立腺を刺激して普通のオナニーの何倍も快感を得られるようサービスししてくれる。「M性感のMはM(マゾ)のMでもありますが、M(マスター)のMでもあります。

当店のS女達も、S(サド)のSでもありますが、S(サービス)のSでもあります。」

というキャッチフレーズに筆者の心の琴線が鳴り響いてしまった。

体験談(口コミ・レポート)

神戸にも色々な風俗があります。

先日私は、「M・ing」なる、神戸でもまあまあ老舗でM性感を体験してきました。

ご存じない方のためにも説明をさせていただきますと、M性感とは、完全にドSの女性に男性が責められるプレイで、M男には堪らない風俗ですよ。

そしてM・ingは、デリバリーヘルスなので男性側はラブホテルで待機です。

私はHPを見ながらお店へ電話して女性を指名しました。

写真で指名した嬢は、レア出勤ながらテクニックは抜群。

容姿は小柄でスリム、髪は黒髪のセミロング。

見た感じは黒木瞳のような、和風の熟した感じの女性でした。

気持ちの高ぶりを抑えながら、ホテルの一室で待機していると、突然チャイムが鳴りました。

ドアを開けると、少し写真とは違うけれど綺麗な感じの女性が立っていました。

手には大きなカバンを持って…。

お勧めは90分ということだったので、早速清算し、いざプレイへ突入しました。

「はい、服を脱いで〜」

と彼女は、大きなカバンをごそごそしながら言います。

彼女の視線の外れたところで、全裸になることに少々興奮した私がいました。

彼女が振り向くと、半勃ちした私のモノを見ながら、ちょっと馬鹿にした感じで

「もう元気になってんの?」

と言い、お風呂場に連れていかれました。

ベッドに戻ると、腰に巻いてあったタオルをはぎ取り、完全に勃起している私のモノを触り出しました。

私が気持ちよさそうな声を出していると、彼女はカバンの中からローションと色々な小道具を出してきます。

「すごい気持ちいいのしてみる?」

彼女の声にうなずくと、ローションをひたひたにしみこませたパンストで私のモノを包み込みました。

そうして、次の瞬間彼女は高速でストローク。

私は女性に近い喘ぎ声を出してしまいました。

最後は、私の乳首をつまんだり、唾を垂らされたりしながら、

「イク〜っ!!!!」

という叫び声とともに大量の精子を自分の体にぶっかけました。

少々放心状態の私に、彼女は次なるテクニックを披露し始めました。

実は彼女の持つテクニックの真骨頂は、ここからだったのです。

彼女は、私のアナルにたっぷりのローションを塗り込み、細い指を入れてきたのです。

前立腺マッサージというらしいのですが、時々感じていたビンビンという電気ショックのような快感が、私を襲います。

この状態になると、自分でも恥ずかしいような大きな声でアンアン喘いでいました。

「いい声出すね〜、女の子みたい…」

彼女は笑いながら、ペニバンを装着。

今度は私のアナルを疑似ペニスで犯し続けました。

彼女の腰の振り具合や、出し入れの強弱、これは経験者でしか分からない快楽です。

2回戦のフィニッシュは、ペニバンで激しくアナルを犯しながら、再び完全勃起をした私のモノを手で犯され、1回目と同じくらいの量の精液を勢いよく噴射、結果セルフ顔射にてプレイを終了したのでした。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”kanrinin.jpg” name=”ヒロポム”]M体験を嬉々と語るこのレポーターこそ、真の風俗ニストだな![/speech_bubble]

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント