Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

兵庫県尼崎の置屋、チョンの間である「かんなみ新地」でコスプレ婦警とプレイ! [口コミ・レポート]

かんなみ新地といえば兵庫に存在する、ちょんの間 、別名「置屋」である。
筆者はカネがない時やクリスマスなど寂しい時はよく利用させてもらっている。
※現在もだが
それだけに馴染みが深い場所でもあり、また阪神出屋敷駅から歩いて10分という駅近でありながら格安で顔見つつ本番ができるという点から他の風俗の追従を許さない。
ただ、時間が20分内と短いので、遅漏の方はなるべくギンギンで訪れることをオススメする。

尼崎のちょんの間、かんなみ新地 はどんな場所?

関東から来られた方は大阪界隈とよく勘違いされるが、立派な兵庫県内なので間違えないように。
飛田新地や信太山と比べるとスケールがやや小さいが、それでも立派にヌケる界隈だ。

あくまでもヌクだけが目的なのでイチャラブを望んている方は、ソープやホテヘルの方をオススメする。

  • 嬢の主な年齢層:20〜30代中心
  • 在籍人数:20名程度
  • 系統:お姉さん系
  • クレジット決済:不可

筆者の体験談

かんなみ新地、それは大阪市の隣にある尼崎市のウラ風俗だ。
小学校のすぐそばに立地していて昼間はどうということはない。

飛田新地や松島新地などは、店に名前があるのでどの店にいったか覚えやすい。
しかし、かんなみ新地は、店の名前が少なくとも示されてはいないので、非常に覚えにくい。

そのため、前回来た時にいた嬢の店へ行こうと思ってもうまく見つけられないことがある。
しょっちゅう行くと覚えられるのだろうが、軍資金の問題や交通の問題もありなかなか難しい。

しかし、いざ行くと夜になるとピンクのライトに照らされた若い女の子たちが、思い思いのコスプレや衣装で客を待っている。
その中で筆者は今回、警官風のコスプレをした女の子を選んだ。

かんなみ名物の急階段を登って二階のプレイルームに入る。
この急階段、本当に頭をぶつけたり落ちそうになるので怖い。
そしてここのプレイルーム、煎餅布団一枚で一杯になるまさにヤルための部屋、ヤリ部屋感満載である。
お金を渡して女の子が戻ってくると目の前でローションを仕込み、すでに半立ちだった息子をフェラで完全に立たせコンドームを装着すると即挿入した。

この時は、女の子の服を全部脱がさず、まるで婦警さんを無理やり連れ込んだかのような感覚を楽しみながら正常位で腰を振り続けた。
時間がくるとチャイムが鳴るのだが、ちょうど発射したころにチャイムがなって終了。
後始末をしつつ服を着て一階に下りたら、お茶の缶をもらってサヨウナラだ。

まさしくヌクだけのカオスな界隈である。

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”kanrinin.jpg” name=”管理人”]ヌクにはぴったりだが、そこには情緒はない。ただケダモノになりきれ!![/speech_bubble]

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント