Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

福岡の小倉城そば日本の和風な風俗ヘルス店「千姫」でのギシアン体験 [体験レポート]

ジャンル

福岡の中洲からの小倉へ

福岡の博多、中洲でトラウマ級の体験をしてきた筆者。
このままでは福岡の風俗に対してショックしか残らないので、桜が入り乱れる北九州の名城、小倉城で下の桜を咲かせてきました!

小倉の風俗街は駅のすぐ近くにあった!

福岡の博多駅から1時間の距離にあり、下関や門司のほうが近いこの地。
小倉駅の南口を出て、線路沿いに博多方面へ歩くと5分ほどでに風俗街に着く。
すぐ目の前には小倉城が広がって見えた。
筆者がこの地についた時は夜遅くだったが、昼間でも電車内から風俗の店並みが見えるであろう。
名城のお膝元で、こんな素晴ら・・・ケシカランことですね!

今宵の戦場、ソープランドへいざ出陣

博多の思い出を拭いさるべく、なるべくキレイどころがいそうな店舗を探す筆者。
さすがにダンプ松本に続いて北斗晶クラスに出会ったら、トラウマレベルではない。
とはいえ、多分にもれずどこの店もキレイに見せるばかりで決めかねてしまう。

ハズレ引くぐらいなら他の風俗ではないものが欲しい・・・と思い、軒並み並ぶ店舗の中で和風を押し出す千姫にロックオン!

千姫の外見

一見、大阪の飛田や信太山のような外見。
違うのは、ガラス張りになって入り口に敷居があるぐらいだろうか。
というか、こんな大通りにドン!と構えるのもある意味度胸があるといえる。

内装はおもいっきり和風。寂れた温泉旅館?のような雰囲気。買い取って改修したのだろうか?
「千姫コース」「大奥人妻コース」なるものを選ばされるが、後者お局様=年配=地雷じゃねーの??と筆者の直感が煌めくので、もちろん千姫コースへ。
料金を支払い、写真から女の子を選ぶ。
中洲での出来事があったので、今回は外すまい!と5分ほど悩んだ。死ぬほど悩んだ。
ようやく写真加工のなさそうな、スタイルの良い子を選び、奥の屏風の待合室で待機。
有給を使ってきたため、世間一般では平日だったせいか、客層は非常に少なくすぐ呼ばれた。

嬢との対面からのベットプレイ

係員に案内されると思いっきこれまた和風な部屋に着物姿で出迎えてくれる嬢。
悩んで選び抜いただけあって、相当キレイで、ウホッ!と内心歓声を上げる筆者。
福岡中洲のダンプ松本に比べると、こっちは浦えりかだ。(マニアック過ぎてすみません)

興奮する筆者、ソープでいつもの歯磨き→お風呂→望遠鏡コースへ。
ふとここで気になる筆者。

「あれ!?この女の子入れ墨しているやん??」

そう、背中の腰辺りに蝶々のような入れ墨が掘ってあったのである。
ハッキリ言って、入れ墨を入れる女が好きではない。
例えるなら、上等な料理にハチミツをぶちまけるがごとき思想(by勇次郎)であろうか。
もうそれだけで激萎えである。

「贅沢言うな!」
「こっちはカネがないから自家発電しているんだぞ!」
とお怒りされる読者もおられるかもしれないが、
タバコを吸う女は受け付けられない!という読者もおられるだろう。それと同じレベルである。
ちなみにカネがないのは筆者も同じだ。

さて、激萎えのままベッドに案内される筆者、お尻を見せながらフェラする嬢。
お尻を見せるということは、当然腰元も見えるので入れ墨が嫌でも目に入る。
なかなかポンキッキしない筆者に対し、盛んに攻めてくる嬢。
テクニックはなかなかのもので、いつの間にか勃起する。
ポリシーはどうしたと言われるかもしれないが、それとコレとは別物である。
読者だって、ペロペロされたら勃つであろう。
ゴム装着で騎乗位からの正常位でフィニッシュ。

「ありがとうございましたー!」の声を受けて外へ出る筆者。
桜の散る夜の小倉城を見ながら、「帰るか・・・」とつぶやいたのは忘れられない。

教訓

みんなも風俗に対してのポリシーがあれば貫いてくれ!おじさんとの約束だぞ!

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント