Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

青森のアウガで出会いサイトから待ち合わせしたら雪女のような女の子と会った話 [番外編]

ジャンル

我々はどこから来てどこへ行くのか?

一般(常識)教育に疎い筆者だが、その分興味のあることはいつまでも忘れない。
いつだったか、日本の中心は弥生人=平ぺったい顔が多く、逆に北海道や青森などは縄文人=彫りが深い顔が多いので、東北美人という単語がが生まれたと聞き、ひどく納得した覚えがある。
※あくまでも仮定の話です※

まだ東日本大震災が起こる前、年末に東北へ旅立った。
そんな説が本当かどうか確認するためであり、筆者はそういうことに全力を尽くすタイプだ。

アホだと思った人、正解である。

ヌキたい。そうだ、風俗へ行こう

さて、宮崎、山形、岩手、秋田(各地で風俗にも行ったのだが、それはまた別の話)、そして最終目的地である青森で、名産物のリンゴお土産を片手に見つつホテルへチェックイン後。
最後の夜も旅の思い出を作るか!と風俗サイトを探すと、やはり!ありました!

無料案内所に向かう筆者。ところが大阪や東京などと異なり、ホテルヘルスなどはなく、デリヘルのみになるとのことだった。

唐突だが、筆者は難聴なので電話が出来ない。

「メールでできへんかいな?せっかく関西から来たんやで〜!頼むわ〜!」

と、必死の関西ぶりをアピールするも、受付の兄ちゃん

「申し訳ない・・・申し訳ない・・・」

と、おしんばりの表情で謝ってこられては、もはやどうしようもない。
諦めて地元の居酒屋に入るが、やはりムラムラが収まらない。

そうだ、出会いサイトに行こう。(ウッチャン風)

そして雪女と出会う

『関西から来ました!旅の思い出に、どなたか今晩ご一緒いただけませんか?』
と、ここでも遠くから来た関西人ぶりをアピールして募集かけると、早速連絡が入ってきましたよ。

ウキウキピンピンで出かける筆者。
青森駅近くの複合施設のアウガで待つこと10分。

「〇〇さんですか?」

と声掛けてくれたのは、見た目は20代、寒い中をワンピースの上にショートコートだけ羽織った柴咲コウによく似ているも、少し薄幸そうな、おとなしめの彫りが深い細身の女性である。

ここにきて筆者の東北=縄文人遺伝説多しは確証した。
※あくまでも筆者の中の説です※

しかし、笑顔がない。全く笑わない。ずっとうつむきがちである。
つっけんとんではなく、人見知りのようである。
そのざまは、まるで柳田國男の遠野物語に出てくる雪女のようであった。

雪女に誘われて・・・

女性に手を引かれて歩くこと五分程、繁華街の和風なホテルにチェックインする。
積極的なのかそうでないのかわからないのだが、ホテルは見た目に反して、中はモダンな、大正の浪漫を感じさせる雰囲気があるホテルである。

チェックインしてもあまり話さず、逆に筆者があれこれ話しては、時折恥ずかしそうに伏し目がちに応対する女性。
風俗店と異なり、いかにも素人的な反応にさらに興奮をおぼえる筆者。

そしてベッドイン。
怯えてるのか、顔を赤らめながら目をつぶり続ける女の子に対し、大丈夫かいな?とエセ紳士ぶりに声をかけると、恥じらいながら頷くので、軽く突き上げると喘ぎ声を漏らしながら抱きついてきた。
さらにギンギンになった筆者はそのまま腰をスライド、外に出してフィニッシュ。

雪女との寂しいお別れ

終わった後もまだ伏し目がちだったので、賢者モードになった筆者は、いっちょ笑わしたろかと、関西人のノリでお笑いを披露する。
あまりのアホらしさなのか呆れたからなのか、微かに笑ってくれた。
正直、この時以上の可愛らしい笑顔は今に至るまで見ていない。そう、筆者は思わずときめいてしまったのだ。

マンガなどで惚れた時に、擬音で『ズキューーーン!』というのが出るが、まさしくそれである。

・・・やる事はやっておいてアレだが。

駅前で惜しみつつ別れて見送ると、人込みに紛れてまるで雪女のようにフッと消えてしまった。
かくして、東北地方=縄文人遺伝多し説の旅は思わぬ形で幕を閉じましたとさ。

教訓というかお願い

今も青森にいるのかもしれないので、雰囲気に心当たりのある方はぜひご連絡Please!

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント