Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

TV世界のベストハウスに取り上げられた梅田のニューハーフ店、JACK&BETTY(ジャック&ベティ)で同級生が働いています [読者レポート]

ニューハーフの社会的立場がこの数年で大きく変わってきたと感じる。
ほんの少し前であれば一部を除いて敬遠されていたのが、いまでは佐藤かよさん、はるな愛さんのように一般の方から認められるような方々も徐々に増えてきたと感じる。
マツコ・デラックスやIKKOさんは・・・女装タレントだからちょっと違うかな。でも、そういった生き方が貫けられるようになったのは、素直に素晴らしいことだと思う。

このようなニューハーフの印象を持っているなか、先日とあるレポーターから、非常に興味深いレポートを頂いたので、ご紹介させて頂こうと思う。

ニューハーフ店舗、ジャック&ベティ

ニューハーフのお店ではありますが、自分の中ではかなり関わりのあるお店です。
それは、自分の高校のときの同級生が勤めていることです。

彼は性同一障害でした。いわゆる、体は男ですが心は女性です。
そのため、高校を卒業したのち一緒に就職するも、性同一障害が原因で、会社を4年目で退職してしまいました。
自分は当時、梅田にあるニューハーフバーに先輩とよく一緒に通っていたので、その先輩に頭を下げ、店長に彼が勤められるように交渉をお願いしてもらったのです。

先輩は59歳のベテランであり、マスターとは20年以上のお付き合いで顔が立っていたので、そのお陰もあって、そのお店に勤めることができました。
それ以来、自分もたまに足を運んでいます。

5000円でいつまでも居ることができるうえ、ニューハーフショーなども観覧をすることができます。
ニューハーフといっても下手な女性よりも、本当に皆さん美人な人ばかりです。

そして・・・なんと!テレビ番組の「世界のベストハウス」にも取り上げられました!
地元ではすっかり有名なニューハーフ店となりました。

老若男女のお客様が足を運んでくるほど幅広い年齢層に愛されているお店なので、本当にオススメです!
店名は「ジャック&ベティ」といわれるお店です!

教訓

友情を超えた素晴らしいレポートである。
元々男性として育ってこられたので、男性としての悩みも女性より近い答えを得られることだろう。
筆者も難聴者としての偏見を受けたので、立場は異なれと近しい物を覚えた。

店舗は1名でも入れますが、飲み放題は2名以上の申し込みが必要なので注意!
女の子でも気軽に入れるお店なので、興味を持たれた方、ぜひ恋人といってみるべし!

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント