Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
大阪を観光するならちょんの間へ!ヒロポムがオススメを解説

大阪の思い出づくりなら、ちょんの間がオススメ!
大阪万博決定でいつ消えるかわからない大阪ちょんの間を
ヒロポムが効率良く回れるコースを説明!

オススメちょんの間コース公開中!

フィリピンの北・風俗街アンヘレスでフィリピーナ2人にマッサージをしてもらう!

ジャンル

フィリピンの北・アンヘレスの繁華街へ

筆者は先日フィリピンのアンヘレスへ仕事で同業者と一緒に向かった。 このアンヘレスは、フィリピンの北、マニラから車で2時間の場所にあり、日本からだとクラーク空港へ向かった方が早い。  

このアンヘレスも風俗が盛んで、クラーク空港を出て10分ほどでゴーゴーバーが多数ひしめく街並みにたどり着ける。様々な風俗ブログでも紹介されているように、アンヘレスはゴーゴーバーで女の子を持ち帰りできることで有名だが、今回はゴーゴーバー以外の風俗を経験したかった。

というのも、フィリピンでゴーゴーバーに行くんだったら、首都マニラの方がはるかにレベルが高いとわかっているので、もし行くならマニラの方をオススメする。 今回は珍しい風俗ということで、ポン引きについていくのもアリかなと思ったが、ハズレと病気が怖いのでパス、晩飯を食べてから繁華街をぶらぶら歩くことにしたのである。

アンヘレスの繁華街で有名なウォーキングストリート

ホテルからバイクタクシーで2kmのところにアンヘレス繁華街で最大のウォーキングストリートがあったので、そこへ向かうことにした。

バイクタクシーのボッタクリに遭いながらも、ウォーキングストリートに着き、ゴーゴーバーを横目に眺めながらブラブラ歩いて気づけば、いつのまにかウォーキングストリートから少し外れた街道を歩いていた。

そこにも客待ちしている女の子たちがたくさんいて、次々とマッサージ店の名刺を渡してくる。
名刺の裏をみれば名前が書いてあり、明記していないがスケベマッサージのニオイがプンプンした。

同行者は(普通の)マッサージが好きなので、これは一石二鳥だな〜と思い、あらためてマッサージをメインとした手頃な店を同行者と探せば、突然路地裏の暗闇からパーカーを着た若い女の子が柳幽霊のように手招きしているではないか。

ホラー映画は好きなのに一瞬ビビって足がすくんでしまうも、よくよく見ればかなり可愛い子、幽霊の恐怖よりも、顔に目が行ってしまうのは男ならではのサガとでも言えば共感いただける方も多いだろう。

ホイホイとついていった先は、入り口に大きな芸者の看板が掲げられた和を意識したマッサージ店で怪しさいっぱい。

だが、それ以上に気になったのは値段である。
値段を聞かないと、ボッタクられそうなので入口付近で恐る恐る

[word_balloon id=”14″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]ハウマッチ?[/word_balloon]  

と値段をたずねれば、オイルマッサージ全身1時間300(約600円)ペソのマッサージというではないか!

[word_balloon id=”14″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]ごっつ安いやん![/word_balloon]

と入店を決意を決意する。それが罠であるともしらずに…。

同行者と共に奥の個室へ案内されるもどうするのか分からず、ためらっていると、

[word_balloon id=”21″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]服とズボン脱いで![/word_balloon]

と言われたのでパンツ一枚になれば、パンツもよ!と言われてワクワクしながら待たされる。

[word_balloon id=”14″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]オッ、これはもしかしてスケベ期待しちゃっていいの?[/word_balloon]

と期待が膨らんだところで、マッサージ嬢が2人が部屋に入ってきた。

[word_balloon id=”21″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]私達2人同時マッサージオッケー?隣の同行者もいいと言ってたわよ!2人なら1200ペソだけどどう?[/word_balloon]

マッサージ嬢がスマホに英語で打ってくるが、アレアレ?
300ペソが一気に4倍の1200ペソ(約2,500円)?

しかしAV女優の松岡ちなによく似た可愛い子、このレベルの女の子2人だったらまあいいかと2名分のマッサージを頼んだが、実際にやってきたのは先程とはまったく違う女性だった。その様子を例えるなら、

笑っていいともに出てくるシェリー

出典:https://entertainment-topics.jp/

整形が崩れた神田うの

出典:livedoor.blogimg.jp

[word_balloon id=”14″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]詐欺ってレベルじゃねーぞ!?[/word_balloon]

ブーブー言うもマッサージ嬢が来た以上仕方ない。うつ伏せになり、しばらくオイルを使ったマッサージをしてもらったが、予想通り下手だった。 ただ、お尻をマッサージしてくるたびにイチモツ付近をこすっては、その度に反応する筆者のムスコ。

さあ、こうなると相手がデブでもブスでもエイリアンでも、スケベしたくなってくるから不思議だ。

そんな気分になっていたときに、シェリーがスマホに驚愕の一言を打ち込む。

[word_balloon id=”21″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]10,000ペソ(約20,000円)でスケベマッサージしてあげるわよ!![/word_balloon]

ちなみにフィリピンのゴーゴーバーなら女の子によるが、6,000円もあればお持ち帰りで朝までスケベできる相場、そんな大金をなぜシェリーと神田うのに払わなきゃならんのだ? 渋っているところを見かねたのか、どんどん値下げしてくるも、正直帰りたい気分が大きくなってきたが、先程のチンチンマッサージの効果なのか、ムスコもオッキしてたので迷っていた。

結局値段3,500ペソ(約7,000円)あたりで手を打つことにしたところ、シェリーが

[word_balloon id=”21″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]じゃあ先にお金払って![/word_balloon]

と催促してくるので、財布を開けたところ入っていたのは2,500ペソ(約5,000円)と小銭だけ。 財布の中身を見た嬢二人の顔色が瞬時に変わり、その様相に身の危険を感じたが、ないものはないのでどうしようもなかった。

[word_balloon id=”21″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]3,000ペソでいいから、隣の人(同行者)に残り500ペソ借りてよ![/word_balloon]

日本円にすれば1,000円、小学生の小遣いレベルで情けないと思われるかもしれないが、この時ばかりは助かった。 というのも、もし5,000ペソ(約10,000円)入っていたら問答無用で取られる剣幕だからだ。

ただし一歩間違えれば怖いお兄さんが来る可能性もあったので、同じことをする方がもしいたら、注意してほしい。これ以上こじらせると本当に怖いお兄さんが来そうだったので、やむを得ずOKしてプレイの続きをしてもらう。

[word_balloon id=”21″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” avatar_hide=”false”]どっちにマッサージしてもらいたい?[/word_balloon]

消去法でしかたなく神田うのを選び、うながされるままに仰向けになると、筆者の両脚を自身の足の上に乗せてシコシコと少し痛いぐらいにダイナミックに手コキしてくる。

一方のシェリーはと言うと、ベッドの横から筆者の乳首を延々にチロチロと延々なめてくる。

なんじゃこりゃ??どういうプレイなんだ?

シェリーがオッパイ触っていいよ!とばかりに筆者の手をつかんで、服の下からオッパイをまさぐらせてきたが、オッパイは硬く、なによりも乳首があきらかに細長い。まるで昔のエロアニメによく出てきた、触手モノみたいなレベルの長さだった。

断っておくが、ここまで書いていることすべて誇張は一切入れていない。想像以上の乳首の長さにホラー映画以上にビビって、ムスコが萎縮したからだ。

遠い異国の国、薄暗い部屋の中で淡々と行われる変化のないプレイに、いつしか石ノ森章太郎の家畜人ヤプーさながらの気分に陥ってしまった。

これは危ない!と全神経を下半身に集中して早めにイクことにしたが、早漏の貴公子を自負する筆者ですら、この日に限ってなぜかイケず、半分拷問の気分でやっとフィニッシュを迎えたときは気持ちよさよりも安堵感でいっぱいになった。

その後、隣の部屋にいた同行者に事情を説明して500ペソを借りて支払いをしのぎ、出口まで嬢たちが見送りに付いてきたのかと思えば、そのまま新たな客引きに街路へ向かっていった。フィリピーナは陽気ときいたが、たくましさも同時に感じた夜だった。

あとで同行者に聞けば、筆者と同じように、アッチも2名同時プレイ開始したよ!と言われたらしく、お互い知らぬ間に2名プレイするはめになったようだ。 ただ、同行者の方はマッサージも◎女の子も◎と、星5つの満足レベルだったので、またイキたいな〜なんてことをほざいていたが、筆者にしてみれば金輪際ゴメンのアンヘレス風俗だった。

後日譚

ホテルへ帰路の途中、 様々なメディアで絶賛されていたフィリピンの郷土食で有名なバロットが20ペソ売られていたので期待して同行者と食べてみたが、美味しくないどころが、翌日日本に帰ってから下痢・悪寒・熱が止まらずエグい目にあってしまった。
卵自体が悪かったのかわからないが、皆も気をつけてくれ!  

もう早漏と言わせない!ロケットジュースおすすめナイトライフ性活

コメント